うろぐ

散歩道の風景・市内の様子・旅先の様子などをUPする「うろつくのが趣味の人のブログ」略して「うろぐ」

プロフィール

Reeno

Author:Reeno
近所をうろつくのが趣味です。
猫とTVゲームと海の生き物と福山芳樹さんとBlytheが好きです。

あまり写真は上手じゃないけど、下手なりに小樽や北海道のよさを伝えられたらいいなと思います。

撮影道具
COOLPIX S3000
docomo SH-02B

主な撮影地
北海道小樽市

このブログの趣旨については
こちらを御覧ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

第七回・魂の双子の街その一


先日函館に行ってまいりました。
天気予報では3日とも最悪の天気とのことでしたが、3日ともほぼ晴れでした。
私は晴れ女なのです。野外行事や国内旅行で悪天候にあたったことはほぼありません。軽い自慢です。
というわけで、なかなかよい雰囲気の写真が撮れたような気がします。
DSCN0114.jpg
15時頃に到着し、16時半からうろつき開始。

DSCN0112.jpg
移動続きで眠い目には眩しすぎる函館。
スーパー北斗のシート、リクライニングの方法がわからなかった…
説明を聞いても出来なかったので、たぶん「寝るな」という神からの試練だったんだと思います。
いや、普通に自分の頭が人より大幅に劣っていただけです(笑)

DSCN0113.jpg
戸惑うほど濃すぎるコーヒーを飲みながら駅前徘徊開始。
駅前ロータリー(?)はこのように小樽なんて比べたら失礼なほど近代的で栄えています。
案内看板なんてまさかの5ヶ国語ですよ。国際都市ですね。

DSCN0115.jpg
でも一本裏の路地に入ればこのとおり。
小樽と似ていますよ。とても。
駅前の整いっぷりと繁栄ぶりに気圧されて不安になった私も一安心です。
こういう「小樽臭」の激しい光景を他の都市で探すのが好きです。

街の位置づけも「港・観光地・明治から繁栄」と、双子のようです。

DSCN0118.jpg
しかし、この駅前のアーケード通りを通ると別の街を思い出します。
そう、半年に一回のペースで訪問している岩見沢市です。
岩見沢市の雰囲気を大幅に盛り上げ、小樽を大幅にグレードアップするとだいたい函館です。

DSCN0120.jpg
うろつきの舞台を五稜郭方面へ移します。
友人を頼っての旅行なので、友人宅の近所へ移動します。
この市電がまたレトロ感をUPさせますよね。

市電を降りて友人と合流したところで、今回の目的の一つである箱館奉行所を見に行きます。

DSCN0127.jpg
その前に見えてくる、五稜郭といえばこの子。
DSCN0129.jpg
五稜郭タワーです。
このファンタジックな容姿が素敵です。
まるで魔法のステッキみたいですよね。

DSCN0131.jpg
そして夜がやってきて、月が木の間から姿をはっきりと主張し始める時間帯…(まさかの厨二病)
DSCN0130.jpg
素敵な奉行所です。
時間が夜でライトアップされている上にできたばかりだったので、とても綺麗でした。
昼に来たらまた別のよさがあると思います(夜しかいけませんでした)

次回は元町周辺をUPします。
スポンサーサイト

Theme:風景写真
Genre:写真

comments(0)|trackback(0)|旅行先|2010-08-24_22:28|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。