うろぐ

散歩道の風景・市内の様子・旅先の様子などをUPする「うろつくのが趣味の人のブログ」略して「うろぐ」

プロフィール

Reeno

Author:Reeno
近所をうろつくのが趣味です。
猫とTVゲームと海の生き物と福山芳樹さんとBlytheが好きです。

あまり写真は上手じゃないけど、下手なりに小樽や北海道のよさを伝えられたらいいなと思います。

撮影道具
COOLPIX S3000
docomo SH-02B

主な撮影地
北海道小樽市

このブログの趣旨については
こちらを御覧ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

第六回・自然と人工物が調和する街


猛暑日・真夏日が続いて体力を奪われる毎日ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
私Reenoは所属しているとある団体のバンド練習に追われております。
楽器パートなのですが、メインで歌う曲もあるので最近は歌の練習に勤しんでいます。

本州はあと一ヶ月くらい夏の暑さが続くのでしょうか。
北海道はすでに秋の足音が聞こえてきています。
夜風の冷たさや、飛び交うトンボの群れ、そしてこの空模様。
名残惜しいですが、夏ももうすぐ終わりです。

今日はそんな秋到来間近の小樽から、最新の階段情報をお伝えします。
今回はテーマを決めました。

階段テーマその1・ジブリ映画に出てきてもおかしくない雰囲気

まずテーマの写真の前に。

DSCN0109.jpg
私が好きな階段といえば、こういうベーシックな「鉄の階段」ですね。
錆びが激しくて、今にも脆く崩れ去りそうなところが好きです。

しかし、近所を見渡せばこういう「鉄の階段」なんかよりももっと「一般的に見て美しく」、「絵画のような雰囲気を持つ」素敵な階段があったのです。

DSCN0096.jpg
そうぜつにぶれとる
それがこのような階段です。
コンクリートでしっかりと作られていたのに、月日が流れ植物に侵食され、ひび割れ、隠され…。
何か、哀愁のような、ドラマ性を感じます。
ジブリの映画のヒトコマのような、懐かしく美しいのに寂しくて泣きたくなるようなドラマ性を感じるのです。
前回紹介した階段たちが「ロックミュージック」ならば、この階段は「民謡・唱歌」です。

DSCN0110.jpg
古い家屋の続く階段。これは「懐かしの思い出タイプ」です。
上の写真とは違い、生活の一部として未だ現役選手として生きていながらも、昭和で時が止まったような雰囲気を醸し出しています。
それは錆びきったアバウトな手すりや、せり出した雑草、そして頂上にそびえる家屋がそう見せているのでしょうか。

DSCN0099.jpg
こちらは手作り感あふれる補修と農作物が素晴らしい調和を生み、まるで異国のような雰囲気を創り上げています。
いうなれば「プロヴァンス紀行タイプ」でしょうか。
南仏あたりのおしゃれなナチュラルガーデンのようです。
言いすぎでしょうか。

DSCN0100.jpg
こちらの階段は改築を機に本来の役割を失って朽ちていくばかりであったところを家主さんに救われた「感動の秘話タイプ」の階段ですね。
「人々の暮らしを支える」役目を終え、新たに「花を支える」という第二の人生を歩む階段。
家主さんの大きな階段愛。感動を禁じ得ません。

DSCN0093.jpg
この階段は今までと一風変って、のどかな雰囲気を持たぬ「ダークファンタジー的」なタイプです。
笹やイタドリといった生命力の強い植物に囲まれ、大きな蝿をはべらせ、蜘蛛の巣に包まれ…階段なのに、まるで人々の通行を善とせず、暗い森にひっそりと佇んでいるその姿。
こういう階段はもう存在が芸術ですね。


自宅から徒歩15分圏内にこのような階段が隠されていました。
案外気づかないものですね。
今は夏で爽やかな様子ですが、冬になるとこの階段たちはどうなってしまうのでしょう。
大半は雪に埋もれ、路傍の雪山の一部になるのでしょうが…その前に秋、紅葉に囲まれる階段も気になります。
そのあたり含め、次の季節も楽しみなことは多いです。
寒くなるのはさみしいですが、何か他の楽しみがあれば乗り越えられないさみしさではありません。
スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|市内散策|2010-08-17_23:18|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。