うろぐ

散歩道の風景・市内の様子・旅先の様子などをUPする「うろつくのが趣味の人のブログ」略して「うろぐ」

プロフィール

Reeno

Author:Reeno
近所をうろつくのが趣味です。
猫とTVゲームと海の生き物と福山芳樹さんとBlytheが好きです。

あまり写真は上手じゃないけど、下手なりに小樽や北海道のよさを伝えられたらいいなと思います。

撮影道具
COOLPIX S3000
docomo SH-02B

主な撮影地
北海道小樽市

このブログの趣旨については
こちらを御覧ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

第十二回・蔦の生命力に圧倒される街


この夏は植物にとって過ごしやすい夏だったのでしょうか。

この木は、信号を無視して枝葉を伸ばしています。
我家の庭でも、アサガオが大量に花を咲かせたりして、その生命の力強さを魅せつけています。

今回は特に生命力をアピールしていたこの植物に注目していきたいと思います。
DSCN0252.jpg
この蔦です。
名称は敢えて書きませんが、市内の古い建物や壁面には必ず蔓延っているようです。
この蔦があるだけで、なんとなくアートな雰囲気であったり、レトロな雰囲気を纏ったりするのです。
倉敷市にある有名な喫茶店「エル・グレコ」も、この蔦に巻かれていますよね。
小樽にはその「エル・グレコ」の影響を強く受けているというレストラン「二代目叫児楼」というところがありますね。
そこもやはり蔦に巻かれています。
叫児楼のスパゲティではモンゴリアンが好きです。

DSCN0267.jpg
レンガの壁に蔦ですよ。
どう見ても英国ですね。行ったことないですけど。
このお宅のエントランス部分を初めて見たときは本当に「なんて素敵なお庭なんだ!!」と衝撃を受けました。
古めかしい壁に鬱蒼とした植物の森があるのです。
うちのご近所さんはみんなレトロな雰囲気があって素敵なのになぁ…と、自宅の情緒の無さにがっかりするばかりです。

DSCN0263.jpg
この蔦の生命力の強さは一体どれほどなのでしょう。
DSCN0265.jpg
巻きつく相手が木だろうが電柱だろうが関係ないのですね。
「伸びたいから伸びる、それだけだ」という強さを感じます。

DSCN0248.jpg
日照不足や天候不順等で野菜の生育が悪いと聞きます。
我が家の薔薇は毛虫に食われて丸裸になりかけました。
豆の苗は鳩に食われる寸前でした。
しかし蔦は元気いっぱいです。
誰に保護されずとも、勝手に繁栄していきます。
そして、いつ見ても生き生きとしています。

DSCN0249.jpg
錆ついて、ジメジメして、あまり綺麗ではない線路さえ、蔦の手にかかれば…
DSCN0250.jpg
なんだかかわいいカントリー調にアレンジされてしまうのです。

DSCN0266.jpg
短い夏を満喫している蔦。
いつまでも健やかに伸び続けて欲しいと思います。
でも、自分のうちには生えないで欲しいです。
スポンサーサイト

Theme:花・植物
Genre:写真

comments(1)|trackback(0)|市内散策|2010-09-15_21:57|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。