うろぐ

散歩道の風景・市内の様子・旅先の様子などをUPする「うろつくのが趣味の人のブログ」略して「うろぐ」

プロフィール

Reeno

Author:Reeno
近所をうろつくのが趣味です。
猫とTVゲームと海の生き物と福山芳樹さんとBlytheが好きです。

あまり写真は上手じゃないけど、下手なりに小樽や北海道のよさを伝えられたらいいなと思います。

撮影道具
COOLPIX S3000
docomo SH-02B

主な撮影地
北海道小樽市

このブログの趣旨については
こちらを御覧ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

第九回・魂の双子の街~元町編1~


どうもこんばんは、高田屋嘉兵衛です。書いているのはReenoです。

このブログを開始してわずか6回目にして「小樽の紹介を放棄した内容」がUPされはじめ、今回で3回目となります。
若干後ろめたいというか、テーマに沿っていない感を自分でひしひしと感じています。
しかしながら、反省すべき点はよく分かっておりますが、函館が楽しかったという思いも私の記憶の一部です。
画像のメモ帳なんですから、そういうのもありだという風に言い聞かせてUPします。
あと4、5回以内で函館記事も終わり、いつもの展開に戻ると思いますので…

それでは予告通りの元町編です。

続きを読む

スポンサーサイト

Theme:写真日記
Genre:写真

comments(0)|trackback(0)|旅行先|2010-08-27_23:32|page top

第八回・魂の双子の街その二


どうもこんばんは、もっさりした影の方です(右は友人です)
予報では曇りのち雨だったはずが、このとおりの明るい観光日和でした。
天気のよさにテンションが上がり、こんなどうしようもない写真をとってしまいました。
私は観光地で自分の写真を撮らない人間なので(プリクラ含む)、これが唯一の自分の記念写真です。

今回は元町周辺を…と思ったのですが、元町の前に観光していた場所もなかなか爽やかで素敵だったので、個別にご紹介します。

続きを読む

Theme:風景写真
Genre:写真

comments(0)|trackback(0)|旅行先|2010-08-25_22:52|page top

第七回・魂の双子の街その一


先日函館に行ってまいりました。
天気予報では3日とも最悪の天気とのことでしたが、3日ともほぼ晴れでした。
私は晴れ女なのです。野外行事や国内旅行で悪天候にあたったことはほぼありません。軽い自慢です。
というわけで、なかなかよい雰囲気の写真が撮れたような気がします。

続きを読む

Theme:風景写真
Genre:写真

comments(0)|trackback(0)|旅行先|2010-08-24_22:28|page top

第六回・自然と人工物が調和する街


猛暑日・真夏日が続いて体力を奪われる毎日ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
私Reenoは所属しているとある団体のバンド練習に追われております。
楽器パートなのですが、メインで歌う曲もあるので最近は歌の練習に勤しんでいます。

本州はあと一ヶ月くらい夏の暑さが続くのでしょうか。
北海道はすでに秋の足音が聞こえてきています。
夜風の冷たさや、飛び交うトンボの群れ、そしてこの空模様。
名残惜しいですが、夏ももうすぐ終わりです。

今日はそんな秋到来間近の小樽から、最新の階段情報をお伝えします。
今回はテーマを決めました。

階段テーマその1・ジブリ映画に出てきてもおかしくない雰囲気

続きを読む

comments(0)|trackback(0)|市内散策|2010-08-17_23:18|page top

第五回・見上げるのが癖になる街

doragonnchan
私は、歩いているとき上を見上げてキョロキョロする癖があるようです。
最近ふと気づきました。
それが室内だろうと屋外だろうと関係なく、何をごまかすわけでもなくやってしまう癖らしいです。

その癖はカメラを持っている時も発現しているらしく、データの半分くらい見上げたアングルの写真でした。

続きを読む

Theme:何気ない日常の写真
Genre:写真

comments(0)|trackback(0)|市内散策|2010-08-14_22:11|page top

第四回・老舗とシャッターが斜陽を語る街

mochi
この「みなともち」さんというお餅屋さんは、大変良い味の餅を売ってくれます。
小樽市内には古くから続く餅屋が多いです。
味に甲乙つけ難いハイレベルな老舗ばかりです。

他にも老舗と呼ぶにふさわしい店は市内に幾つもあるのですが、やはりこの不況の世の中。
一時代を築いた後に衰退していったお店もあるのです。

続きを読む

Theme:何気ない日常の写真
Genre:写真

comments(0)|trackback(0)|雑記|2010-08-10_22:19|page top

第三回・気軽に盆踊りが見られる街

雨の交差点
花火大会が雨でした。
意地と根性で見に行っても楽しめましたが、非常に残念な気分です。

夏は屋外イベントがメインだっていうのに最近は雨が多いのです。
しかし、雨にも負けず、一時的に晴れた隙に開催を決行した熱い盆踊り大会があったので、参加してきました。

続きを読む

comments(0)|trackback(0)|市内散策|2010-08-08_22:13|page top

第二回・好みのアレに出会える街

即効
人それぞれ「好きな風景の一部」っていうものがありますよね。
海だったり、山だったり、特定の建物だったり。

この度は、突然ですが私の「好きな風景の一部」をご紹介します。


続きを読む

comments(2)|trackback(0)|市内散策|2010-08-07_00:41|page top

第一回・宗教激戦区の街

キリ看A
今日は一日曇り空でした。
買い物帰りにうろうろ歩いていると、市内には「キリスト看板」が多いなあと気付かされました。

小樽は教会が多いです。
街が古いので、教会も古めかしいところがおおいです。

自宅から徒歩10分圏内にもそういえば古い教会があったなあ…と思い、うろついてきました。

続きを読む

comments(0)|trackback(0)|市内散策|2010-08-04_23:03|page top

はじめてのごあいさつ

さいうp4


はじめまして、この度から「近所をうろついて撮影した写真をUPして、地元愛をアピールするブログ」略して「うろぐ」を更新することにしました。Reenoと申します。読みはりーのです。

このようなブログを開設した理由は、最近友人たちが就職や結婚などで次々と地元・小樽を旅立っていったことにあります。
去っていった人達の事をふと思い出したとき、「みんなこういう何気ない風景を忘れて行くんだろうなあ」と思ったんです。
もちろん自分だってずっと地元にいられるとも限らないです。
地元を離れたらきっと、こんな踏切があったとか、すっかり忘れてしまうでしょう。
そこで、「写真の腕が下手でもいい、カメラがしょぼくてもいい、風景が地味でもいい」の3Eをモットーに
「画像のメモ帳をつくろう」と思い立ったわけです。

かっこつけた写真はあまり撮れないと思います。
たとえば
小町湯看板
こんな写真とか
どこかの路地
こんな写真あたりがメインを張るような、徹底的に地味な路線を行くことになるでしょう。

小樽に住んでいた人や、住んでいる人には「あったあったこんな場所」と思っていただければ嬉しいです。
小樽に来たことがない人には「こんな場所があるんだな」と思っていただけたら嬉しいです。

それではこれから先、どうぞよろしくお願いします。
comments(2)|trackback(0)|雑記|2010-08-03_23:22|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。